iPhoneのバックアップのやり方

iCloud でバックアップする方法

  1. iPhoneを Wi-Fi ネットワークに接続
  2. 「設定」>「[ユーザ名]」の順に選択し、「iCloud」をタップ。
  3. 「iCloud バックアップ」をタップ。
  4. 「今すぐバックアップを作成」をタップ。バックアップが終わるまで、Wi-Fi ネットワークに接続したままにしておいてください。

バックアップの進行状況の確認ができます。
「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」の順に選択。
「今すぐバックアップを作成」の下で、最後のバックアップの作成日時を確認できます。

iCloud バックアップで自動的にバックアップする

iCloud で毎日デバイスのバックアップを自動的に作成する方法

  • 「設定」>「[ユーザ名]」>「iCloud」>「iCloud バックアップ」で、「iCloud バックアップ」がオンになっているか確認。
  • iPhoneを充電したまま。Wi-Fi ネットワークに接続。
  • iPhoneの画面がロックされていることを確認。
  • iCloud のストレージにバックアップ分の空き容量が十分にあることを確認し、iCloud にサインインすれば、5 GB 分のストレージを無料で利用できるようになります。iCloud ストレージが足りなくなった場合は、iPhone、iPad、iPod touch、Mac から有料でプランをアップグレードできます。

iTunes でバックアップする方法

  1. iPhoneをコンピュータに接続。macOS Mojave 10.14 以前を搭載した Mac または Windows パソコンでは、iTunes を開きます。macOS Catalina 10.15 を搭載した Mac では、Finder を開きます。
  2. これらのデバイスのパスコードの入力を求めるメッセージや、「このコンピュータを信頼しますか?」というメッセージが表示された場合は、画面上の案内にそって操作。パスコードを忘れた場合は、こちらの記事を参照してください。
  3. コンピュータ上でデバイスを選択します。コンピュータにデバイスが表示されない場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。
  4. デバイスまたは Apple Watch 上のヘルスケアとアクティビティのデータを保存しておく場合はバックアップを暗号化する必要です。「[デバイス] のバックアップを暗号化」というチェックボックスを選択し、パスワードを指定してください。ヘルスケアとアクティビティのデータを保存する必要がなければ、暗号化せずにバックアップを作成できます。そのまま「今すぐバックアップ」をクリックしてください。

    パスワードは書き留めるか安全な場所に保管してください。このパスワードがないと、iTunes バックアップから復元できなくなります。
  5. 処理が終わると、バックアップが正常に終わったか確認できます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


LINE記事

  1. 2019-12-15

    LINE GAMEの引き継ぎ方法

    LINE GAMEの引き継ぎ(データ移行)は機種変更をする前にやっておきたい作業です LIN…
  2. 2019-12-6

    LINEのパスワード変更方法

    LINEのログイン用のパスワードを設定します。 機種変更などのデータの移し替えやパソコンでの…
  3. 2019-12-5

    LINEのバージョンの確認方法

    利用中のLINEのVerの調べ方 まずLINEアプリを開いて、「ホーム」タブ…
  4. 2019-11-19

    LINEのトークのバックアップ

    iPhoneの場合 LINEのホーム画面を出します ホーム画面を出したら左上の…
ページ上部へ戻る